本文へスキップ

IRIGは卵の新しい可能性を追及しています。

English

 

岐阜免疫研究所(Immunology Research Institute in Gifu: IRIG)のホームページへようこそ。
IRIGは長年,鶏の母子免疫システムを利用した鶏卵抗体(Immunoglobulin Yolk: IgY)の研究開発を行ってきました。
この鶏卵抗体タンパク質は、ガンマー リベチン(γ-Livetin)とも言われます。
ここでは、鶏卵抗体を動物用飼料やペットフードや食品に応用し、その作用と効果の研究成果を紹介します。

新着情報

2019年10月9日
 
最新の論文発表を追加しました。

岡山県内飼養牛におけるクリプトスポリジウムの浸潤状況および抗体保有状況

Cryptosporidium infection and antibody status in calves in Okayama Prefecture.
家畜診療 66巻 10号
2019年10月
水戸康明、西山篤、大賀まりえ、梅田浩二
http://www.nosai.or.jp/nosai_kasou/shinryou_2019.html


近年の養鶏におけるハーブ抽出物給与の有効性。

Effectiveness of herbal extract feeding in chickens.
養鶏の友
2019年10月
梅田浩二
https://www.fujisan.co.jp/product/1281682345/b/list/


2019年9月12日 
最新の学会発表を追加しました。

第162回日本獣医学会学術集会
2019年9月12日
近年の牛ロタウイルスAに対する疫学調査および遺伝子性状解析。

Epidemiological survey and genetic characterization for recent bovine rotavirus A.
梅田浩二、鈴木亨、Shofiqur Rahman、小田切航希、Sa Van Nuguyen
http://www.meeting-jsvs.jp/162/program

http://www.meeting-jsvs.jp/meeting_list/wp-content/uploads/2018/09/jsvs162nd_program-f.pdf

2019年5月9日 
最新の学術論文を追加しました。

インビトロとインビボ試験においてヘリコバクターピロリ菌の増殖抑制する免疫鶏の卵黄由来のヘリコバクターピロリ菌のウレアーゼに対する免疫グロブリンYとLactobacillus johnsoni No.1088 の相乗効果。

Synergistic effect of anti-Helicobacter pylori urease immunoglobulin Y from egg yolk of immunized hens and Lactobacillus johnsonii No.1088 to inhibit the growth of Helicobacter pylori in vitro and in vivo.
Yiji Aiba, Koji Umeda, Shofiqur Rahman, Sa V. Nuguyen, Yasuhiko Komatsu
Vaccine 37 (2019) 3106-3112
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264410X19305092?via%3Dihub

2019年3月15日
最新の学術論文を追加しました。

鶏卵黄免疫グロブリン抗体を用いた豚流行性下痢症に対する受動免疫賦活

Passive immunization by specific chicken egg yolk immunoglobulin antibodies against Porcine Epidemic Diarrhea.
豚病会報 No.73 2019 (Proc Jpn Pig Vet Soc No.73. 2019)
梅田浩二、他
https://tonbyo.com/proceedings/1365.html
最新の学会発表を追加しました。

平成30年度 家畜診療等技術全国研究集会
2019年2月21日
岡山県内飼養牛におけるクリプトスポリジウムの浸潤状況及び抗体保有調査
水戸康明(岡山県農業共済西部基幹家畜診療所)、他
http://pet-honpo.com/cgi-bin/gakkaiv.cgi?mode=mente&no=4086l

2018年12月5日        
最新の学会発表を追加しました。

第93回日本養病研究会
2018年10月12日 
抗豚流行性下痢ウイルス鶏卵抗体のウイルス不活化作用
梅田浩二
https://tonbyo.com/archives/1307.html

平成30年度獣医学術中国地区学会
2018年9月29日
岡山県内飼養牛におけるクリプトスポリジウムの浸潤状況及び抗体保有調査
水戸康明(岡山県農業共済西部基幹家畜診療所)

2018年8月30日       
最新の学術論文を追加しました。

① 歯周病患者に一般的な手術を行わない治療に補助材としてPorphyromonas gingivalis gingipains に対する卵黄抗体を含んでいる薬用ドロップの評価:臨床試験
Evaluation of lozenges containing egg yolk antibody against
Porphyromonas gingivalis gingipains as an adjunct to conventional nonsurgical therapy in periodontitis patients: A randomized controlled clinical trial
Journal of Periodontology, 2018:
2017年3月22日       
最新の学術論文を追加しました。

① 
ヒトと幼獣のロタウイルス下痢症の予防と治療のための鶏卵抗体(IgY):総説
Chicken Egg Yolk Antibodies (IgY) for Prophylaxis and Treatment of Rotavirus Diarrhea in Human and Animal Neonates: A Concise Review.
Korean Society for Food Science of Animal Resources, 2017, 37(1); 1-9
http://www.kosfaj.org/main.html
2016年6月26日
学会発表を追加しました。

第22回日本ヘリコバクター学会学術集会(2016年6月24~26日)
http://www.c-linkage.co.jp/jshr22/

① KJ-19: Evaluation of a health food supplement containing anti-H.pylori urease IgY antibody on patients with chronic gastritis in Hanoi, Vietnam.
(ベトナムのハノイにおいて慢性胃炎の患者に対する抗ヘリコバクター・ピロリ菌 urease IgY 抗体を含んでいる健康食品サプリメントの評価。)
Vu Van Khien, Nguyen Van Sa


② KJ-20: Study on anti-Helicobacter pylori urease IgY: in vitro pepsin resistance and passive protection against H.pylori infection in mouse model.
(抗ヘリコバクター・ピロリ菌 urease IgY についての研究:インビトロのペプシン抵抗性とネズミモデルを使用してヘリコバクター・ピロリ感染に対する受動防御について。)
Shofiqur Rahman, Nguyen Van Sa

2016年8月31日       
最新の学術論文を追加しました。

① 歯周病罹患猫
におけるグロビゲンPG(卵黄リベチン)の歯周病改善効果

Companion Animal Practice, 2016, 323; 88-93
http://www.pet-honpo.com/magazine/cap/cap-116/ 

② 哺乳子牛における鶏卵黄抗体(IgY)を用いた下痢症予防対策
臨床獣医 2016, 34(4): 28-32
http://www.pet-honpo.com/magazine/rinsyo/post-575/ 

③ 海外養豚情報: 子豚の免疫系を支援する
Supporting the immune system of piglets
Pig Journal 2016, 4: 56-58
http://www.animalmedia.co.jp/magazine/pigjournal/201604.php  

④ 子豚の免疫系を支援する
Supporting the immune system of piglets
Asian Pork Magazine 2016, Jan/Feb: 24-27

⑤ 特集 カビ毒対策資材
「マスターソーブ・ゴールド」
養豚界 2016, 6: 29
http://www.pet-honpo.com/magazine/youton/post-581/ 

⑥ ボツリヌス毒素に対するカビ毒吸着剤の吸着作用
臨床獣医 2016, 34(1): 22-26     
http://www.pet-honpo.com/magazine/rinsyo/post-565/ 
2015年12月18日
最新の学術論文を追加しました。  


① ミャンマーで発生したヒトロタウイルG12P4[6]G12P[8]の全遺伝子解析

Whole genomic analysis of human G12P[6] and G12P[8] rotavirus strains that have emerged in Myanmar.
PLoS One, 2015, 10(5): e0124965, DOI:10.1371/jounal.pone.0124965; 1-24
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0124965

② 離乳豚の下痢症コントロールに対する過免疫の鶏卵を用いた効果
Efficacy of hyperimmunized hen egg yolks in the control of diarrhea in newly weaned piglets
Food and Agricultural Immunology 2015; 26(5): 622-634
http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/09540105.2014.998639

 

岐阜免疫研究所

〒501-1101
岐阜県岐阜市佐野839-7

TEL 058-235-7303

document-request@igy-research.com